[書籍] 邪馬台国 魏使が歩いた道

2017年03月02日

邪馬台国 魏使が歩いた道

書籍:『邪馬台国 魏使が歩いた道』

著者
丸山 雍成
出版社
吉川弘文館
価格
2,500円+税

交通史と邪馬台国―プロローグ/邪馬台国の研究史 その発生と現状(前近代の邪馬台国論/近代の邪馬台国論/現代の邪馬台国論)/邪馬台国への魏使の通路(帯方郡より伊都国まで/伊都国より奴・不弥・投馬国まで/伊都国より邪馬台国へ)/邪馬台国推定地の遺跡と遺物(肥後中・北部地域/筑後地域)/「旁国」と狗奴国(女王傘下の「旁国」/狗奴国/肥後南部の遺跡と遺物)/邪馬台国への最終コース―エピローグ

この本を推薦したのは・・

高島 忠平
高島 忠平
考古学者「ミスター吉野ヶ里」。日本考古学協会員、日本遺跡学会員 役員、佐賀女子短期大学名誉教授
→ 詳細はこちら

この本もおすすめ

オススメ書籍一覧