沖出古墳(おきでこふん)

2017年02月16日

 

沖出古墳の全景

4世紀終わり頃に築造された前方後円墳。遠賀川に向かって延びる標高約40mの丘陵の突出した部分を利用し、南側から高く大きく見えるように造られている。

古墳の大きさは全長約68メートル、後円部径約40メートル。墳丘は前方部が2段、後円部3段で、斜面には石が葺かれ、壺形・円筒・朝顔形・家形の埴輪が立てられている。後円部には、竪穴式石室が築かれ、割竹形石棺を納められていた。石室や盗掘坑からは、九州の古墳で唯一、3種類の石製腕飾り(鍬形石・車輪石・石釧)がセットで出土。九州で2例目となる「船」の絵が線刻された埴輪も発見された。

この古墳は、ヤマト(大和)政権と強い結び付きのある人物の墓である可能性が高いと考えられ、県の史跡に指定されている。

沖出古墳
住所:福岡県嘉麻市漆生78ー1
  • Large 4a62496c60
  • Large d5e54d7047
  • Large 7b1faca76f
  • Large 5a3376dbf3
  • Large 14d108d9c9
  • Large 816e4de8a3
  • Large c07c9d0936
  • Large aecfd2b5cb
  • Large a9b24370e5
  • Large c54b9cea7f
  • Large 80497b649d
  • Large 7f980cda03

この記事もおすすめ

カテゴリ記事一覧