鳥野神社 筑前、豊前から崇敬集め

2018年01月16日

鳥野神社は直方市頓野の鷹取山から福智山への登山口になっている内ケ磯ダムの湖畔にある。

ダム湖畔の山中にある鳥野神社一の鳥居と社碑

入り口から自然石の石段を登り一の鳥居をくぐる。さらに石段を200メートルほど進むと、広い境内正面にこま犬と拝殿があり、奥にイチョウや楠に囲まれて鳥の彫刻が施された神殿が鎮座している。

神社由緒によると、御祭神は、天照大神、軻遇槌神(かぐつちのかみ)、保食神(うけもちのかみ)、月読大神(つくよみのおおかみ)となっている。壬申の乱(672年)のころ、福智山上に祀(まつ)られ、五穀豊穣(ほうじょう)の神、耳の神として崇められたという。

貝原益軒が記した筑前国続風土記には、福智権現と号すとある。筑前と豊前の国の境にあったころから両国の民の崇敬を集めた。ただ、山上にあるためお年寄りや子どもの参拝は困難で、筑前内ケ磯(鳥野神社)、豊前上野村(福智中宮神社)に社を立てて、それぞれの地で祀るようになった。

境内にある拝殿とこま犬

黒田長政が筑前の国主となってからは守護神として上宮(福智権現)を再興。1906(明治39)年に鳥野神社と改称した。1924(大正13)年には社殿を改築した。神使は烏で、烏と稲穂が図案化された神紋は県内でも珍しいという。

福岡県神社誌によると、当社は704(慶雲元)年に修験道の開祖とされる役小角(えんのおづぬ)が求法を祈り福智山上に碑を建て、それ以来英彦山の修験者が秋に福智山の峰に入るようになったとされる。実際、戦後まで修験者の姿を見ることができた。

同誌によると、瓊瓊杵尊(ににきのみこと)が猿田彦、鈿女(うずめ)の二神に命じて、福智山に鎮座させたとあり、この時に保食神も祀ったらしい。また日本武尊が熊襲(くまそ)征討の時、当山に戦利を祈り、国見山とも呼ばれている。日本武尊が山頂から情勢を眺めたとの伝承も残る。神功皇后も三韓征伐の時戦利を祈り、帰朝の後、鏑矢(かぶらや)を山頂に納めたとの記載がある。

福岡藩三代藩主・黒田光之や直方藩四代藩主・黒田長清らが再興したという記録もある。

神職の水田邦夫氏によると、鳥野神社の神様は福智さま(ふくっつぁま)と呼ばれ、福と智を与え、延寿、財宝を得るようにはかり、天災地変を取り除き、戦勝をもたらす神で学問と智慧、農作の保護神だという。耳の神様ともされ、耳の病気の人は穴あきの石を納め祈願すると耳病が治るといわれ、戦前戦後は穴あき石がたくさん木につるされていたそうだ。

また、鳥野神社は平安時代に編さんされた六国史の一つである歴史書「日本三大実録」に記載され、国史見在社(こくしげんざいしゃ)でもある。由緒ある神社の証明であり、興味は尽きない。

(麻生西日本新聞TNC文化サークル事務局長 母里聖徳)

 

 

国史見在社(こくしげんざいしゃ)

六国史(日本書紀、続日本紀、日本後紀、続日本後紀、日本文徳天皇実録、日本三代実録)に記載されているが、国家が権威を認めた「延喜式」の神名の巻には記載されていない神社を指す。延喜式に記載された神社(2861社)は後世式内社と呼ばれ、国史見在社(391)もまた格式高い神社として特別視されるようになったという。

 

住所:福岡県直方市頓野96

この記事を書いたのは・・

母里聖徳
麻生西日本新聞TNC文化サークル事務局長

この記事もおすすめ

カテゴリ記事一覧