馬の鉄製かぶとが出土 国内3例目、九州で初 船原古墳遺物埋納坑

2017年03月02日

九州で初めて出土した馬冑(右側が頭部分、左側が鼻部分)

 福岡県古賀市教育委員会と九州歴史資料館(同県小郡市)は、金銅製馬具がまとまって出土した古墳時代後期(6世紀後半~7世紀初め)の船原(ふなばる)古墳遺物埋納坑で、新たに鉄製の馬冑(ばちゅう)(馬のかぶと)や馬の背に取り付ける旗立て用の蛇行(だこう)鉄器が見つかったと発表した。九州大学の西谷正名誉教授(東アジア考古学)は「実用の馬冑と蛇行鉄器、儀礼用の金銅製馬具がまとめて出土した例は全国でも極めて珍しい。出土品は重要文化財級で今後の馬具研究に役立つ」と評価している。

 

量、質とも古墳時代研究の第一級の考古史料

 市教委によると、馬冑は幅約18センチ、長さ約50センチ。和歌山県の大谷古墳、埼玉県の将軍山古墳に続き国内3例目で、九州では初の出土。蛇行鉄器もこれまで国内6遺跡でしか出土例がなく、今回は長さ約80センチのものなど国内最多の3点が見つかった。いずれも新羅系の可能性が高いという。他に金銅製のくつわや飾り、青銅製大型鈴、矢尻の束十数点などが出土。過去の調査分を含むと、出土数は馬具関連の金銅製品が40点以上、鉄製を加えると200点以上に上り、市教委は「量、質とも古墳時代研究の第一級の考古史料」としている。

 今回の調査では、九州歴史資料館が初めて、遺物を約200に及ぶ土の塊のまま掘り出し、エックス線CTスキャナーを使って土中の繊維や木材、漆などの情報も分析した。その結果、馬の尻部に飾るハート形の飾り「金銅装心葉形杏葉(しんようけいぎょうよう)」に左右一対の鳳凰(ほうおう)が透かし彫りされていることや、裏に布の繊維らしいものが張り付いていることが、遺物の周りの土を取り除かずに明らかになった。

 市教委は今回、埋納坑から約5メートル離れた船原古墳との関連性が明確になったとして、遺跡の名称を「谷山北地区遺跡群馬具埋納坑」から船原古墳遺物埋納坑に変更した。

 

主は一体誰…?

 主は誰か。九州大学の西谷正名誉教授(東アジア考古学)は発掘成果を踏まえ、「この地域の有力者・宗像氏と並ぶ豪族」と指摘。近くに大和政権の支配拠点・糟屋屯倉(かすやのみやけ)の一部とみられる鹿部(ししぶ)田渕遺跡があることから、福岡大学の桃崎祐輔教授(考古学)は「糟屋屯倉の統括者の子孫ではないか」と推察している。

 だが、今回の遺物の質、量を考えると、直径約20メートルの円墳である船原古墳は規模が小さく、釣り合わない。市教委は「次年度以降に古墳を再調査する予定」としている。

 最新の科学機器を使った調査への期待も大きい。埋納坑は有機物の保存状況がよく、遺物は周囲の土壌ごと掘り出された。考古学調査では異例の手法だが、これまで見落とされがちだった、土壌に残る木片や布などの情報も得られるという。調査を担当する九州歴史資料館の加藤和歳さんは「埋納方法を鮮明に復元できるかもしれない」とも語る。桃崎教授は「藤ノ木古墳と同様、10年計画で取り組む遺構だ」と話す。時間をかけた調査による全容解明を期待したい。 

=2013年11月1日付 西日本新聞朝刊=

この記事もおすすめ

カテゴリ記事一覧