連続講座第8回 講演と鼎論(2020/1/11(土)申込受付開始)

開催日:2020年02月11日(火)13:30から17:00まで

  • 要事前申し込み
2019年度連続講座を締めくくる第8回目の講演と鼎論です。コメンテーターは本連続講座の監修でもある高島忠平氏。パネラーに嶋田 光一氏、松浦 宇哲氏を迎え、遠賀川流域の特色ある古代文化と、日本古代史上最大の謎である「邪馬台国」とを対比して両者の関わり合いを探求します。
日程
2020年02月11日(火)13:30から17:00まで
料金
2,000円(税込)
定員
ホール定員500名
申込み備考
  • お申し込み後、開催日当日に受付で料金をお支払いください。
  • 定員に達し次第、申し込み受付を終了いたします。
会場
イイヅカコスモスコモン中ホール
主催
(公財)飯塚市教育文化振興事業団、遠賀川古代史事業推進実行委員会
お問合せ先
0948-21-0505(イイヅカコスモスコモン)

テーマ:「遠賀川古代文化と邪馬台国」

パネラー 嶋田 光一氏

嶋田光一

飯塚市歴史資料館館長

パネラー 松浦 宇哲氏

松浦宇哲

嘉麻市教育委員会生涯学習課 文化財係長

監修・コメンテーター 高島 忠平氏

高島忠平

​ 考古学者「ミスター吉野ヶ里」
日本考古学協会員、日本遺跡学会員 役員、佐賀女子短期大名誉教授
→詳細プロフィールはこちら

イベント開催場所
日本、福岡県飯塚市 飯塚14−66 イイヅカコスモスコモン

このイベントもおすすめ